FC2ブログ

リアルショタとの遭遇

2010/03/07 02:32
昨日、私が毎週通ってるドラム教室に小学3年生の男の子が見学に来ていました。
もうスタジオに入るなり「先生ー!!!♪」と飛び込んでくる見事な元気っぷり。
レッスン中にも、大人しくしてられなくて時々先生のそばに近寄ってしまったりして、付き添いのお母さんに嗜められてたりして、本当に微笑ましかったです。
自分は普段の生活で幼い子と接する機会があまりないのですごく新鮮でした。あんな小さい体にパワーと好奇心がいっぱい詰まっていて目がキラキラしてる。


かつては自分にもそんな時代があったんだな~、と妙にしみじみしました。確かに子どもの頃は、毎日が新しい体験の連続で、「これは何?あれはどうして?」と周囲の大人に尋ねてばかりだったような気がします。そして、身近な大人(親や先生)が、自分の理解を遥かに越えたいろんなことを教えてくれるので、大人の頭の中はどうなっているのだろう、と不思議に思ったものです・・・。


昔に比べて、今はそういう新鮮な体験をすることはあまりなくなってしまいました。絵を描き始めた時も作曲・DTMを始めた時もそこそこ大人になってからのことで、周囲に教えてくれる人もいなかったので、どちらかというと苦しかった記憶しか思い出せないです。
世の中の全てのものがキラキラ輝いて見え、何もかもをワクワクしながら学べたあの頃が懐かしくなりました。


久々にリアル小学生に遭遇したことで、いろいろなことを考えてしまいました。学べるときにちゃんと学ぶってすごく大事なことなんだと、今さらながら強く思いました。



Comment Post

Name:
Subject:
Mail:
URL:

Pass:
Secret:管理者にだけ表示を許可する

Trackback

Trackback URL:
 Home